【コラム】人工知能の時代に何を学ぶ!?

”私の娘が成人する頃には登場しているであろうAGI(汎用人工知能・人間の脳と同じように思考する人工知能)によって、ある意味すでにそうなりつつあるが、われわれの知能指数も記憶力も、さして意味を持たなくなるのではないか。思考能力や記憶力は、身体能力以上にAGI等の外部装置に置き換えられ、2ケタくらいのIQの差も、ほとんど意味をなさなくなるはずだ。”

 

いきなりの衝撃的な文章に驚かれた方がいたらご勘弁ください。これは田村耕太郎氏(元参議院議員)がクーリエジャポンwebに掲載していた文章からの引用。「人工知能(AI)が多くの人々の仕事を奪うのでは?」という懸念が、このところ急速に広まっています。

 

コンピューターやロボットが、人間がこれまで行ってきた単純な労働や規則的な活動を代替できるようになるほど発達してきたことからの心配。AIが進化することで、かなりの知的能力を必要とする仕事にまで及んできたことで、広い範囲でAIに代わられる職種が出てきたと言われています。

 

IMG_5103

 

昨年12月、野村総合研究所が「日本の労働人口49%が人工知能やロボット等で代替可能に」という研究結果を発表して話題を呼びました。同研究所では、英オックスフォード大学との共同研究により、国内601種類の職業について、AIやロボットで代替される確率を試算。

 

その結果、10~20年後に日本の労働人口の約49%が就いている職業が、AIやロボットで代替される可能性があるそうです。今や、働く環境は急速に変化していることを感じる中、それではこうした時代に求められる能力とはどのようなものでしょう?

 

”となると、この先、人類のなすべきことは何なのか?それは「自分と向き合い、自分を知る」ことではないか。自分の持つ資源を投入して、自分が向かいたい方向を知ることではないか。できるだけ多様な同世代の中に身を置き、向かいたい道を歩むために自分が持つ資源や資質が相対的にどのレベルであるのかを知る。

 

向かいたい道を目指すために力を合わせる仲間もみつける。そのための環境整備こそが親の役割だと思う。親が教えるばかりではなく、子供が自分に向きあう機会を、若いうちから用意してあげることが大切ではなかろうか?”
上記の文章の中で田村氏はこう述べています。

 

AI(人工知能)が急速に発達し、世界の距離感がどんどん近くなる中、様々にある社会・環境の問題は国境を越えて進んでいる現代。適応力の基として多様な個性や考え方、表現を認め伸ばしていく。そんな新しい学びである「サス学」の大切さをますます感じます。

この度新しく開始された「サス学」マインは、学校や学習塾で学ぶことのできない“答えが多様な問題”について、悩みながら考えるプロセスで“知識の活用力”をつけます。全国どこからでも、また海外からも、いつでも好きな時にアクセスできるオンライン学習プログラムです。ぜひご活用ください。

 

(執筆:岸 和幸) —————————-

※ブログ「こころの生態系づくり」

『人工知能の時代を生きる』 http://blog.livedoor.jp/cremony/archives/1050300014.html

 

lpImage3_3

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright 2015 sus-gak. All Rights Reserved.

UP