【サス学の現場より】1学期のテーマは”SDGs”!

 1学期に1つのテーマを学ぶ通常期のサス学がスタート!今回のテーマは”SDGs(エスディージーズ)”みなさま、ご存知ですか?国連が、持続可能な未来をつくるための2030年までに解決すべき地球の課題を17テーマにまとめたものです。この壮大な地球規模の課題の解決に向けて取り組む、いわばサス学(サステナビリティ学習)の王道とも言えるテーマです。

 

 初回の昨日は、こどもたちから、自分が関心のある、もしくはなぜ?どうして?と思っている社会の課題・地球の課題を出していきました。”問い”1つとっても、こどもたちの個性が存分に発揮され、またそれを共有することで、混ざり合っていきます。雑多に出てきた社会・地球の課題。生徒の1人からは授業後「なんか、すっきりしないなぁ」との声。それでOK!いろんな方向からいろんな問いや意見が出てきたので、頭ぐるぐる状態。ここから1つひとつ、ひもといていきます。

 

 ここから7月の発表会まで、どのように議論が進み、どのようなアウトプットが出てくるのでしょうか?フィールドワークにも出かける予定です。お楽しみに!

(ネクスファ副代表 辻義和)

IMG_20170406_174810

IMG_20170406_201156

IMG_20170406_194657

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright 2015 sus-gak. All Rights Reserved.

UP