【コラム】「失敗を恐れずに挑戦する」

”心から打ち込みたいと思えるほど好奇心を掻き立てられる「問題」 を、

自分自身で見つけ、失敗を恐れずに挑み続けて「解決」する” 

 

この「失敗を恐れず問題の解決に挑戦する」ことは、不確実性が増す

今の時代にとても大事なことだと思います。

最も偉大な天才と呼ばれた、物理学者のアインシュタイン

 

大学受験に一度失敗し、大学に入ったものの教授からは「才能がない」

と烙印を押され、大学に残ることもできず…。 

就活も苦労し、友人のコネでようやく特許庁に勤めるまでは、

家庭教師などさまざまなアルバイトをして生計を立てていたそうです。 

 

かの有名な「特殊相対性理論」は、特許庁に通勤途中のバスの中で

着想したもの。

そんな不遇なアインシュタインが、世紀の大発見を成し遂げた

一番の原動力は何だったのでしょう? 

 

 

それこそが「諦めない人間力」。 自ら課題を見い出し、それを諦めず

解決に至るまでやり遂げる人間力のこと。

上田正仁教授(東京大学大学院理学系研究科)は、成功の究極のカギは

この「諦めない人間力」であるといいます。

 

”自分自身で問題を見つけ出し、それを類型化したり要素化して、

いくつかの段階に分解し、できるところから個別に解決していく。

そのことに最後まで諦めず、取り組み続ける 「諦めない人間力」こそ

が、学問やビジネスを含む人生につながる創造力の源泉になります” 

 

AI(人工知能)やグローバル化が急スピードで進み、私たちを取り巻く

環境が大きく変化していく中、創造性や協調性、即興性など人間ならではの

資質につながる仕事は残り続けると言われています。

 

 

「諦めない人間力」、すなわち失敗を恐れず問題の解決に挑戦する力

子ども時代から備えることは、こうした人間性を高める上での基になりますね。

 

(執筆者 岸和幸:「サス学」アーキテクト)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright 2015 sus-gak. All Rights Reserved.

UP