【サス学の現場より】中学生サス学も「食るを知る(たるをしる)」!

4月から始まった、
食に関する様々な社会課題を学ぶ「食るを知る」。
グローバル・ローカルな食に関する現状や課題を知り、
それに対する解決策を考え、アクションしていきます。
食に対する自分なりの知恵や価値観を育むことが目的です。
 
実はこのテーマ、小学生も同じ内容で取り組んでいます。
しかし、中学生の授業方法は大きく異なります。
 
それは「講師は知識を教えない」ということ。
 
中学生サス学を受講している生徒の多くは
小学生の頃から数年間かけてサス学を学んできており、
様々な社会の課題に対する知識や、
ものごとの繋がりを意識する力が
身についてきていることを感じています。
 
一方で、興味を持って自ら主体的に調べて
インプットする姿勢が欠けているということ、
アウトプットで自らの考えを論理立てて説明する力が
まだまだ足りないようです。
 
そこで、今回は食に関するインプットを
生徒自らが調べてきて、それを元に議論するという形で
授業を進めてきました。
 
—————————————————-
担当講師より
—————————————————-
生徒達には
「議論の中から合意を形成できる能力」
「必要なデータは自分で調達できる能力」
「わかりやすく情熱をもって伝え、人を動かせる能力」を
育んで欲しいと考えて取り組んできました。
 
今学期の発表では、その成果をお見せするとともに、
「生徒達の発表で、どれだけの大人を動かせるか」を
計測します。つまり単なる発表ではなく、
彼らから大人へのプロポーザル(企画、提案)です。
是非多くの方にお聞きいただきたく、
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。(常野)
 
—————————————————-
発表会について
—————————————————-
今回、アウトプットとして
生徒は2つのチームに分かれ、食に関するあるトピックについて
課題と解決策を提示、大人に向けて発表します。
 
中3生については、2学期からは受験勉強が本格化するため
発表の機会としては今回が最後となります。
 
一方で、中1・2生にとっては今回の発表はややレベルが
高いチャレンジとなります。来年以降の姿も見据えながら、
先輩たちと共に取り組んでいます。
 
ぜひ、保護者のみなさまもご参加いただき
お子様の発表をご覧いただけますと幸いです。
 
 
■「サス学」中学部発表会
日 時:7月20日(金)20:30~21:30
場 所:ネクスファ柏教室(柏市明原3-4-16)
 
※ご関心のある方はぜひご参加ください。
(外部の方は事前に教室までお問合せ下さい)
 
ご不明なところはお問合せ下さい。
どうぞ、宜しくお願い致します。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright 2015 sus-gak. All Rights Reserved.

UP