【サス学の現場から】いのvation!~発表会~

「サス学」小学部の発表会を行いました。今回は個人発表。テーマは「いのvation!」生命(いのち)について、人間と動物の共存について考え、社会変革につながるアイデアを生み出します。1人1種類、絶滅危惧種や数を減らしている動物について、生態や数を減らしている原因などについて調べ、その動物がもし人間の言葉を話せるとしたら、どんな声を挙げるのか、人間に対してどのような提言を行うかを考え、プレゼンしてもらいました。その動物になりきるために、動物のお面も作りました。

人間の立場と動物の立場の間で揺れながら、1人ひとり個性を発揮して、素晴らしい提言をつくり、発表することができました。こどもたち、50人以上の聴衆を前にして、よくがんばりました!

参加された保護者のみなさまからコメントをいただきました。
「こどもたちの視点とアイデアは相変わらず斬新でありながらそれぞれ深く、おもしろくて、聞いていて心ゆさぶられることがたくさんありました」
「動物のことをしっかり調べることで、問題→原因→対策へと結びつく発表につながったすばらしい会だったと思います」
「今回のテーマは、身近でありながら大変難しい問題あったが、その中で子どもたちの発表を聞きながら、成長を感じました。」


発表会後の授業では、保護者からいただいた1人ひとりへのコメントに真剣に目を通し、しっかり振り返りをしているこどもたちの姿がありました。

3学期のテーマは「ゲーム」です!初めてのジャンルで、生徒は既に期待に胸を膨らませているようです(電子ゲームができると勘違いしている子も・・・)。お楽しみに!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright 2015 sus-gak. All Rights Reserved.

UP