【コラム】「何かを知りたいという好奇心」

『目標は難しいほど魅力がある。誰もが見向きをしないような石ころを拾い上げて、ダイヤモンドに仕上げていく。どうなるか分からない混沌とした状態の中から立ち上げていくところに大きな魅力を感じる』

 

こんにちは、森のクマさんです。前回のコラムで、日本の本庶佑(ほんじょたすく)先生(京都大学特別教授)が、今年のノーベル生理学医学賞を受賞したことを書きました。本庶先生の研究をもとに開発された、がんの治療薬「オプジーボ」は、人間の体内で異物を攻撃する免疫(めんえき)反応のしくみを利用したもので、免疫ががんを攻撃し続けられるようにするもの。

 

冒頭の言葉は、本庶先生が語った言葉ですが、受賞の記者会見で、「患者さんに『(助かったのは)あなたのおかげです』と言われると、自分の研究に意味があったのだと何よりうれしい」と述べ、「この治療法が広まり、地球上の全ての人が、恩恵を受けられることを願っている」と語りました。

 

 

日本人の医学生理学賞は、1987年の利根川進氏、2012年の山中伸弥氏、2015年の大村智氏、2016年の大隅良典氏が受賞しており、今回で5人目の受賞者。本庶先生は、科学者を目指す若い人に以下のアドバイスをしています。

 

『教科書に書いてあることが全部正しいと思ったら、それでおしまいだ。教科書は嘘だと思う人は見込みがある。丸暗記して、良い答案を書こうと思う人は学者には向かない。「こんなことが書いてあるけど、おかしい」という学生は見どころがある。疑って、自分の頭で納得できるかどうかが大切だ』

 

ベストセラー『思考の整理学』の著者、外山滋比古先生( お茶の水女子大学名誉教授)も、次のように語っています。

 

『この数十年で高学歴化は一気に進んだが、それと反比例するようにして行動力は下がっているのではないか。若い人を見ていて、そう感じることがよくある。イマジネーションが足りないと、仕事をするにも作業効率が悪くなる。いちいち過去の知識、前例を参照しようとするからだ。』

 

このコラムで繰り返し伝えてきたように、2020年から日本の大学入試は変わっていきます。単に知識の量だけを測るのではなく、受験生が自分の頭で問いを生みだし、自分なりの言葉で表現することが重視されます。

 

本庶先生や外山先生の言葉は、その力を培う上での大事な要点を言い表したアドバイスになると思います。すなわち人間が本来持っている創造や感性の力をどれだけ磨くことができるかが大事。そしてその元になるのは「何かを知りたいという好奇心」です。

 

「何かを知りたいという好奇心」から始まった本庶先生の免疫に対する実験は、「失敗」を伴うものでした。しかし「失敗」からの学びと新たな「挑戦」を繰り返すことにより、本当の思考力を持ち、本物の研究者となっていったのですね。偉大な方からは学べることが多くあります。

(執筆者: 岸 和幸(森のクマさん))

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright 2015 sus-gak. All Rights Reserved.

UP