【コラム】「自分なりのあすなろを目指す」

「あすは檜(ひのき)になろう、あすは檜になろうと一生懸命考えている木よ。でも、永久に檜にはなれないんだって!それであすなろうと言うのよ」
 
こんにちは、森のクマさんです。これは、井上靖さんが書かれた名作『あすなろ物語』の一節。
 
 
”天城山麓の小さな村で、血のつながりのない祖母と二人、土蔵で暮らした少年・鮎太。北国の高校で青春時代を過ごした彼が、長い大学生活を経て新聞記者となり、やがて終戦を迎えるまでの道程を、六人の女性との交流を軸に描く。
明日は檜になろうと願いながら、永遠になりえない「あすなろ」の木の説話に託し、何者かになろうと夢を見、もがく人間の運命を活写した作者の自伝的小説。”
 
主人公の半生を、6つの章に分け、時代順にたどる構成でつくられ、少年が大人へと成長していく過程の中で、様々な人びととふれ合い、どうにもままならない生と死に向き合う。生という彩り豊かな色と、その裏にある死の影とが混じり合いながら、鮎太の人生に濃淡を表していく。  
 
 
 
 
 
全体の後半、「狐火」「星の植民地」では、少年期において「檜になろうとしてもなることができない翌檜(あすなろ)」というやや後ろ向きな意味合いから、それを肯定するような表現に変わります。
 
”あらゆる人間の営みは絶望的であったが、そうした中に於てもなお人間は生きなければならない、生きることだけが貴い、そんな感情の昂ぶりだった”「春の狐火」
 
”明日は何ものかになろうというあすなろたちが、日本の都市という都市から全く姿を消してしまった
のは、B29の爆撃が漸く熾烈を極め出した終戦の年の冬頃からである。日本人の誰もがもう明日と言う日を信じなくなっていた。”「星の植民地」
 
太平洋戦争敗戦において、それまで与えられてきた明日を信じ生きてきたのが、焦土と化し、何もが失われてしまった目前の光景。その現実を前にしながら、自分の生を諦めるでなく生き切る。祖父母や父母の世代の方たちは、誰もが必死に生き抜いてきました。その先にある現在の日本。
 
檜になれないと人生をあきらめるのではなく、「自分なりの翌檜(あすなろ)」を目指すことの大切さ。それこそが己の人生なのだと、ご自分の体験を通し井上さんは語りかけています。 
 
未来は自分の手で創るもの。そう教えてくれた青春の貴重な一冊です。機会があれば皆さんもぜひ読んでみてください。
さて、私が書くサス学メルマガのコラムは、今回が最終になります。2015年1月から書いてきましたが、これまで読んでくださりありがとうございました。
読者の皆さんがこれから成長し、持続可能な社会を創る一人となっていくことを大いに期待しています。
(執筆者: 岸 和幸) 
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright 2020 sus-gak. All Rights Reserved.

UP