「サス学」開発者 DEVELOPER

ネクスファについて

ネクスファは2012年3月、地域の第3の居場所・学び舎として誕生しました。
小学1~6年生向けの“学童保育”と、小学3~中学3年生向けの“学習塾”。
一見、内容は全く異なるように思えますが、私たちのこどもたちに向けたメッセージや関わり方は同じです。
こどもたちの持つ可能性は1人ひとり違っていて、そして無限の可能性に満ちています。
私たちは、こどもたちの“ありのまま”を大切に、1人ひとりに寄り添い、それぞれのペースで成長していくことを、全力でサポートしていきます。

ネクスファ

こどもたちが将来、社会という大海原へ、自分の力でこぎ出でていけるような知恵や主体性を育んでいくことができる居場所であり、学び舎でもある。
ネクスファは、そんな場所をめざしていきます。

ネクスファの教室は、海・空をイメージした”青べや”、大地をイメージした”黄色べや”、そして「木のぬくもり」と緑で森をイメージした”メインべや”、そしてめいっぱい遊ぶことができる”はなれ”と、子供たちが居心地よく過ごし、学ぶことができる4つの空間から成り立っています。

現在も、柏市の学童保育・学習塾が一体化した地域の居場所・学び舎「ネクスファ」で小中学生に対してサス学を実践しています。

「サス学」開発について

サス学は日々進化しています。
探究テーマ開発にとどまらず、時代の変化に合わせた授業の進め方、講師のマインドセット、インプット・アウトプット、発表会、モノコトのつながりの構築など、サス学への探究も常に研究されています。